留学するならセブ島留学がおすすめです

英語を習得するのに、留学するのは大変有効な方法です。英語のみを使って生活することで、生きた表現を身に着けることができ、価値観の異なる多くの外国人と接することで、国際的な視野が広がり、コミュニケーション能力や問題解決能力、適応力などの向上が期待できます。しかし、留学というと費用がかかる、手続きが煩雑といったイメージがあり、興味はあっても踏み出せない人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが、フィリピンのセブ島留学です。今留学を希望する人の間で注目を帯びており、また、ここ数年、実際にセブ島に留学する学生の数も増加の一途をたどっています。それでは、セブ島への留学にはどんなメリットがあり、どうして注目を浴びているのでしょうか。

欧米への留学に比べて安い費用で留学できます

セブ島留学の最大のメリットは、留学にかかる費用が安いということです。フィリピンは物価が安く、語学学校の学費が安価です。また、欧米に比べて日本に近いため、航空券も安くなります。そのため、セブ島の語学留学にかかる費用は、欧米への留学費用に比べて大幅に安くなります。セブ島にある語学学校の多くは寮などの宿泊施設を備えており、多くの場合、滞在中の三食の食事が用意されます。さらに掃除や洗濯といったサービスが含まれていることもよくあります。これら宿泊費・食費・サービス費も最初の支払いに含まれているため、現地での生活費があまりかかりません。大まかな目安として、1カ月の留学費用の総合計は25万~30万円程度になります。欧米に1カ月留学した場合は50万~60万円程度かかりますので、はるかに安いといえます。

学習に専念できる環境が整っています

また、学習環境が整っていることもセブ島留学のメリットです。セブ島にある語学学校の多くは、1日に6時間から8時間のレッスンがあり、4時間以上マンツーマンレッスンがあることも珍しくありません。マンツーマンレッスンなので、他の学習者の目を気にすることなく、時間いっぱいをつかって英語で話すことができます。教師にお願いして、レッスン内容を自分が学びたい項目にしてもらうことも可能です。すでに述べたように食事の用意や掃除、洗濯などを自分でする必要がないため、日常の雑事に煩わされることなく、学習だけに専念することができます。フィリピンは日本から近く、時差は1時間なので、到着した初日から勉強に取り組むことが可能です。日曜日に日本を出発して、翌日から授業を受け、土曜日に帰国するというような短期間留学が可能なのも、セブ島留学ならではの強みといえます。