最近のセブ島留学事情を解説します

海外での留学と言えば、欧米の国やオーストラリアが一般的でしたが、最近では近い上に費用も安く上がるということで、東南アジア諸国での英語留学をする人が増えています。特にフィリピン中でもリソー土地として有名なセブ島への留学生の数は、日本だけでなくさまざまな国から増えていることもあり、今では年齢を問わず多くの人がセブ島留学に訪れるようになりました。開放感いっぱいのビーチが広がるセブ島なら、平日授業があるときは一生懸命勉強し、休日は学校の仲間や友人たちとリゾート地でのんびりしながら身につけた英語を使うことも可能です。最近若者だけでなく、リタイヤ組なども含め多くの人から注目を集めている、フィリピンのセブ島における留学事情について説明していきます。

なぜセブ島での留学が人気を集めているか

セブ島は、南国フィリピンの中でも有数のビーチリゾート地として、日本だけでなく世界各国から多くの観光客が訪れています。そんなセブ島で英語を勉強すれば休日には周辺のリゾート地や観光地で楽しむことも可能になります。しかし何と言ってもセブへの留学が人気の理由の一つとしては、フィリピンでの英語の流通度です。特に都心部であれば英語での生活には全く困ることがないほど、英語を使う機会が多くなります。よってフィリピン人の先生たちの使う英語にもクセがなく、覚えやすいということが挙げられます。もちろん街中でも英語は問題なく使うことができるので、セブ島留学中にどこかへ出かけるときはもちろんですが、普段の買い物などでも身につけた英語を使う機会がたくさんあります。欧米人に比べて日本人への偏見も数なく、親しみやすい国民性のフィリピン人ならすぐにでも友達ができるので、さらに英語を話す機会が増えます。

セブ島で英語を勉強する際の注意点

南国のリゾート地セブ島ですが、東南アジアの国フィリピンの中にある都市なので、もちろん治安や衛生状態など、一般的な海外旅行と同じ注意は必要になります。しかし、セブ島留学を受け入れている語学学校の多くは、冷暖房完備の寮での生活が基本になり、治安の面ではセキュリティーガードが監視してくれるなど、安心して生活を送ることができます。また、平日は寮で食事をすることが基本になる場合が多く、食べ物に関する衛生面の配慮もしっかりしているので安心です。もちろん、休日や夜間の外出など学校の管理している場所から出る機会も多いですが、外国人観光客も多いセブ島はフィリピンの中でも比較的治安がいい地域なので、裏道や夜人通りの少ない場所を避けるといったような基本的なことを守っていれば、比較的安全です。若者だけでなく、定年後のシルバー世代にも人気上昇中のセブ島留学で、英語をしっかり身につけたいものです。